トップイメージ

破産の申告を行っても裁判所から親族に電話がかかることはありません。ボニック

したがって親族に事実が知れ渡らないように自己破産手続きが可能かもしれません。[手汗解消]なんとかしたい!すごい手汗を抑え防ぐ手汗予防クリーム

ただし現実を見ると自己破産というものを行う際に公的機関から同居している家族の給与をつまびらかにする証書や銀行の預金通帳の複写物といった証明書類の提出を要求されるようなこともありますし債権者から家庭へ催促が来るようなケースもよくありますので、家族や親族に発覚してしまわないように自己破産手続きがすることができるという100%の確証は望むべきではないと考えられます。

確信犯的に知らせずにしておいて後に知られてしまうことと比べれば、信用を失うようなことはせず本当のことを打ち明けて家族皆が一丸となって切り抜ける方が安全と言えるでしょう。

なお違う場所に住んでいる家族であれば、自己破産の手続きを実行したことが気付かれてしまうなどといったことはひとまず考えなくて良いといえるでしょう。

妻(夫)の返済義務を失くすために婚姻関係の解消を検討するカップルもいらっしゃるとのことですが、実際は、夫婦同士だとしても原則的には自らが(連帯)保証人に身を置かない限りにおいて法律的な支払い義務はありません。

一方で、書類上の(連帯)保証人になっているケースならば離婚届の提出をしても責務は残存してしまいますとみなされるため支払に対する強制力があります。

したがって離縁することを実行するだけで返済義務の法律上の支払義務が無効になるというようなことはあり得ないのです。

また、しばしばサラ金業者が債務を負った人の家庭に支払いの請求をするといったことがありますが、連帯保証人又は保証人ではない場合であれば子と親の間ないしは弟と兄といった家族や親族間の債務であろうとも借りた人以外の近親者に法的な法的な支払い義務は考えられません。

そもそも、貸し主が支払義務背負っていない家族の方などを相手取って支払の催促を実行するのは貸金業規制法における行政の運営ガイドラインの中で固く禁じられているため、支払い督促の方法により支払いの請求の規制に背くことになります。

よって、支払に対する強制力を負っていないにも拘らず自己破産申請者の親族が支払の督促を受けたという事実が存在する場合は貸し主に対し支払の催促を直ちにやめるよう通告する内容証明を出すのがよいでしょう。

人によっては、借り主当人のことが可哀想でならないからと思うが故に借りた張本人以外の家族がお金を代理となって返済してしまうようなこともありますが、本人が恵まれた境遇に他力本願になって何度も借金のトラブルを蒸し返すことがとても多いのです。

したがって債務を負った本人の心情を考えたら冷たいかもしれませんが借り手本人の手によってお金を返済させるかそういったことが出来ないようであれば自己破産申し立てをやらせた方が借りた本人更生を全うするためには良いと言えます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.bqebilliardsandbar.com All Rights Reserved.