トップイメージ

外国為替市場としての外国為替証拠金取引(FX)のことを、解説してみます。

外国為替証拠金取引(FX)ではお金を売り買いすることでそれら通貨の差額を受け取れるといった方策なのです。

このような二国のお金の間で作り出される差額をスワップ金利と呼んでいます。

このスワップ金利に関して、正確にはスワップポイントといっているようです。

スワップ金利(スワップポイント)は、一日でも受け取る事が出来ますがしかし、日ごとの為替の動向で違うのです。

こうした外国為替証拠金取引のスワップポイント(スワップ金利)を獲得することが目当てで、FXの為替の取引をするみなさんもいます。

スワップ金利は、取引するFX業者ごとで違いがあるため少しでも差益の金額が高い取引業者で取引したいものですね。

けれども、スワップポイント(スワップ金利)は為替のレートが動くことで一緒に変化するので注意をしてください。

加えて、為替の取引を行う時は図表を読むのが重要になるのです。

こうしたグラフを読めれば、為替のトレードの動きを読み取る事が可能となるのです。

外国の為替を初めてやる人が見ると何を表している図表?などとわからないと思ってしまうでしょうけど要点を覚えていれば図の理解が可能となるらしいです。

どの辺から日本円が上昇しているとか下がっているという風に、最近では円安などとこのグラフによって判断が出来るようになり、為替取引を行う時には便利な情報源となるようです。

上記のグラフは、日本ではローソク足(陰陽足)が使われるのが普通で名前通りローソクの形に似たグラフで表示されているのです。

このローソク足(陰陽足)で高値か安値また終値・始値などを表示されており図表において様々な格好となっています。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.bqebilliardsandbar.com All Rights Reserved.