トップイメージ

為替の介入は聞いた事がありますか?日本銀行が為替の介入をして新聞記事、テレビ、インターネットの記事で見た方も多いでしょう。草花木果

初めから為替への介入というものは日本においては、◯大臣(財務大臣)為替のレートの沈着を実現させるために行なう手はずということで見なされています。アヤナス

簡潔に言えば、極端な円高もしくは円安の場合に財務大臣の用命により日銀が日本円を売買することで為替の相場を安定化させる、ものです。草花木果

為替介入(外国為替平衡操作)はいくつか方法があるのです。カニ通販年末年始

1.単独介入・・・行政機関・日銀が東京での市場で自ら市場に参入してきて為替介入(外国為替平衡操作)をする。ホワイトヴェール

2.協調介入・・・いくつもの銀行などが相談のうえ、それぞれの銀行などが資金を用いてみんなそろってまたは引き続いて為替の介入を実行する。1歳 ケーキ 通販

3.委託介入・・・外国の通貨当局へ為替介入を委任する。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が外国の銀行などに成り代わって介入を実行する。

このように種類です。

どのやり方の介入もその場、または継続的に為替のレートに大きな効果を与えるのです。

介入の金額は当然のことですが国の面子をかけているだけに段違いなのです。

円を元にして説明すると、普段は数銭単位で変動する相場が唐突に数円ずつの動きをするのです。

個人投資家の人なら一回は経験したことがあると思うのですが、そこまでは期待通りに含み益(または含み損)が多くなっているポジションを持ち続けていたのに、保持している持ち高が決済したといった報告が外国為替の会社よりメールが届き・・・どれほど利益が出たのかな(損したのかな)?と考えながら決済後の情報を確認したところ、自分で予測していたものとは正反対の事態となってしまい息を飲んだ例がありました。

為替介入(外国為替平衡操作)が実施された際によく起こることです。

このように為替介入が行なわれると、市場のトレンドと正反対の変動をします。

まして動く額の大きさは大きく動きますので気をつけましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.bqebilliardsandbar.com All Rights Reserved.